緑内障 サプリメント

蛍光灯の光ですらまぶしい。人ごとじゃない、失明もありうる緑内障

唐突な質問ですが、サングラスをかけるという行為についてどう思われますか? 私見ですが著者はサングラスが嫌いです。理由は似合わないから。欧米人のように彫りが深い顔こそ似合うのであって、日本人には似合わないなと考えています。最近は日本人でも彫りの深い人が多くなってきているように見受けられます。そのせいなのかサングラスを掛けている人が目立つようになりました。いづれにしてもサングラスってファッションのためだと思っていました。要はカッコつけているだけ。夜なのにも関わらずミラーのサングラスを掛けている若者なんかを見かけると特にその感が強くなります。

でもサングラスって本来は太陽光から目を保護するものなんですよね。

緑内障を治療している人のブログなどを見ると、光がまぶしくてサングラスが欠かせない、という証言がしばしば見受けられます。視覚障害に伴い目に入ってくる光の調節機能が上手く働かず眩しく感じるということなのでしょうか。蛍光灯の光ですら辛いという話もあったぐらいです。そんな方たちにとってはサングラスは目を保護する重要なアイテム。けっしてカッコつけてるわけではないのですね。蛍光灯の光ですらまぶしい、筆者にはその苦しみが想像できません。サングラスを偏見の目で見ていた自分を恥ずかしく感じました。

緑内障の治療はまず点眼薬、効果が無ければ内服薬。それでもだめなら手術ということになります。完治することはありません。現状を維持させるか、進行を遅らせるかしか方法がない。失明だってありえるのです。そんな不安をかかえながらも希望を持って治療を続けている方たちが大勢います。どうか、頑張ってください。また、現在、ものの見え方に違和感を感じている方がいたならばすぐに眼科医へ相談しましょう。早期発見こそ視覚障害の対策に有効な手段なのですから。

先日、年配の方に道を聞かれました。著者よりも年上でしたが、すらっと背が高く筋肉質の男性でした。毎日のジョギングは欠かせない、そんなイメージの健康そうな方です。道順を教え最後に「看板が出ているからすぐにわかりますよ」と言ったところ、その男性はこう答えました。「分かるかなあ、オレ眼が悪いから」その男性はメガネをかけていませんでした、もしかしたら視覚障害をお持ちの方だったのかもしれません。

犬猿の仲。視野狭窄治療薬とブスコバン(胃・十二指腸潰瘍の治療薬)

ブスコパンという薬をご存知ですか?主に胃の痛みや十二指腸潰瘍などの治療で処方される薬だそうです。ご存知のように薬には副作用があります。ブスコバンも例外ではありません。この薬の副作用が視野狭窄に、つまり緑内障に大きな影響を与えることがあるのです。

緑内障にも原因によって様々な種類があります。その中に閉塞遇角緑内障というものがあります。遇角という器官が原因で眼圧が上がってしまう症状です。この場合ブスコパンの服用は禁止されています。副作用で眼圧をさらに上げてしまう可能性が高いからなのです。

現在、閉塞遇角緑内障治療中であれば問題ありません。胃の痛みが起きてもブスコパンを処方されることはないのですから。むしろ怖いのは緑内障の自覚がない場合です。閉塞遇角緑内障が進行中であるにもかかわらず本人はそのことに気づいておらず、胃などの痛みで医者にかかりブスコパンを処方され、服用した場合です。副作用で眼圧が上がり緑内障が急激に悪化する。緑内障への影響がある副作用を持つ薬を処方する場合、医師がどのような方法をとっているのかはわかりません。問診で済ませてしまうのかもしれませんし、検査をするのかもしれない。参考までに著者がある薬を処方されたとき、あらかじめ血液検査を行いました。このことから深刻な副作用が発生する薬の場合は検査をすることが予想されますが、確認したわけではなく正確なところは不明です。

本当に緑内障は厄介な病気です。自覚症状がないまま何年もかけて少しづつ進行し、異常に気が付いたときにはかなり症状が進んでしまっている。やはり少しでも眼に異常を感じたらどんな些細なことであっても眼科医に相談するのが得策のようです。

押すだけカンタン!視野障害予防に効果のあるツボ伝授します

皆さんは眼が疲れたな、と思ったらどうしていますか。筆者の場合両眼の眼頭を指で押さえますが、実はこの部分、「睛明」というツボで疲れ眼に効果があります。無意識のうちに効果のあるツボを刺激していたんですね。そこで眼の疲れに効くツボをいくつか紹介したいと思います。

眼に効くツボは眼の周りや首の後ろにあります。まずは最初に紹介したいのが前述の「睛明」。眼頭のやや上の方にあるツボです。鼻をつまむようにして押すとよいでしょう。眼の疲労も含めて多くの効果が期待できる万能のツボです。次は「承泣」。黒目の真下のまぶたの部分にあるツボです。痛くならない程度に加減して押しましょう。視力回復に効果があるといわれています。「太陽」というツボはこめかみにあります。眼が疲れた時にこめかみを抑える動作をすることがありますが、これも理にかなっているんですね。老眼防止に効果が期待できます。眉毛の鼻に近い部分にあるのが「攅竹」。眼だけでなく頭痛の改善も期待できます。

首の後ろ、ちょうど髪の生え際にある「風池」も眼に効くツボです。

ツボの押し方としてはあまり強く押さずに適度な刺激を与える程度が好ましいようです。入浴後が効果的、蒸しタオルで眼のまわりを温めてから行うのもオススメです。筆者も実践してみましたが意外に効果が有りました。読書が好きなので眼はどちらかというと酷使してしまっているほうなのですが、特に「睛明」と「承泣」は驚くほど即効性がありすっきりしました。ツボというと肩こり防止というイメージが強かったのですが、眼にも効くということを身をもって経験しました。

今回紹介したツボは視覚障害の治療効果は期待できませんが、予防の効果は充分あります。なんといっても指で押すだけ、特別な道具や技術は必要ありません。ぜひ実践してみてください。

緑内障にかかりやすい年齢ってあるの?高齢者ほどかかりやすいの?

緑内障は自覚症状がわかりにくいため、発見が遅れる可能性が大きい病気です。原因も事故、スポーツによるケガであったり、ほかの病気がきっかけであったりします。先天的な場合もあるため、かかりやすい年齢というものはないと思って間違いないでしょう。乳幼児の時に既に発症していて、ゆっくりと進行していき青年期になって目の異常に気づき、診断の結果緑内障だった、というケースもあります。遺伝的な要因も考えられるそうです。

40~50代の糖尿病患者がかかりやすいという報告もありますが、何歳以上だとかかりやすいという線引きが難しいのが現状です。

とはいえ、中高年になると成人病などもふくめて健康面が気になってきますよね。「最近ものがぼやけて見えるようになったけど、なにかの病気じゃないかしら」なんて考えてしまうのはごく自然なこと。視覚障害でいうと「加齢黄斑変性症」という病気が中高年にかかりやすい病気だそうです。黄斑という部分が老化してうまく機能しなくなるために起こる視覚障害です。ものが歪んで見えたり、視野欠損が発生する病気だそうで失明に至る場合もあるとのこと。老化が原因というところが厄介ですね。例えば足腰の老化防止ならウォーキングなどを行うことで可能ですが、網膜の老化防止の方法なんてちょっと思いつきません。

緑内障も含めて視覚障害は不規則な生活や喫煙などが大きく関わってくるといわれているので年齢を気にするというよりは生活習慣を改善させることを重点に予防対策を考えたほうがよさそうですね。適度なスポーツを継続して行うとか、カフェインやタバコは控えめにする、規則正しい生活を心がけるようにすれば視覚障害も含めて病気にかかりにくくなるのはいうまでもありません。それでも視覚に異常を少しでも感じたら眼科医に相談しましょう。

有効な食べ物はこれだ。ビタミンで手軽に視野障害予防しよう

眼に効く食品の代表格といえばブルーベリーですがほかにも様々な食材から有効なビタミンを摂取することができます。ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEなどが効果があります。

まずビタミンB6。免疫力を高めてくれる効果が期待できます。多く含まれている食品としては肉類、魚介類。具体的にはレバー、マグロの赤身、カツオ。にんにくや胡麻も有効です。次にビタミンC。風邪の予防にいいとされていてメジャーなビタミンですね。みかん、キウイ、さつまいも、キャベツ、ほうれん草に多く含まれています。簡単に入手できる食材ばかりなのでオススメです。ビタミンEもよく耳にすることが多いですね。うなぎ、たらこ、落花生、海苔、緑黄色野菜などで摂取できます。筆者は個人的にうなぎが大好きです。高価なものなので頻繁に食べられるものではありませんが、好物が眼に効くと知ってちょっと嬉しい感じがします。

ここまで見たところでは特別なものはあまりないですね。どれも馴染みのものばかりです。これらのビタミンはサプリメントでも摂取することができますが、これなら普段の食事で十分補えることができそうですね。

魚介類に含まれるDHAも眼の老化防止に有効です。イワシ、サンマ、アジ、サバなど青魚がいいみたいです。旬の魚に舌鼓を打ちながら視覚障害予防。なんか風流ですね。

では逆に眼に良くない食べ物というのはあるのでしょうか?

糖分と油の摂り過ぎには注意したほうがいいようです。ジュースやスナック類は少し控えめにしたほうがいいですね。ポテトチップスと炭酸飲料なんて最高の組み合わせですけど、ほどほどにというところでしょうか。果物の摂り過ぎにも注意する必要があります。スナック菓子よりは健康的に思えますが果糖の摂り過ぎになってしまう場合があるからです。バランスを考えて摂取しましょう。ビタミンとはちょっと外れますが喫煙やカフェインの摂り過ぎも良くないという説があります。筆者はコーヒー大好きでおまけにヘビースモーカーです。改めなければいけませんね。

こうして見ると日本の昔ながらの食品というのは眼も含めて体にいいものばかりだということがわかります。先人の知恵とでもいうのでしょうか。洋食が悪いというわけではないですが、和食というのは実によく考え抜かれた食習慣なのですね。有効なビタミンを摂取して視覚障害予防に努めましょう。難しいことはありません、良いものをバランスよく摂ればいいのですから。

虫がちらつくような見え方がする?それって初期の視野狭窄かもよ

「最初は蚊でさ、次が蜂、最後は蛾なんだってさ」

職場の喫煙所で聞いた会話です。最初は何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。よくよく聞いてみると、どうやら知り合いに緑内障にかかった人がいるらしくその話をしているようです。最初は蚊程度の大きさだったのが蜂ぐらいに変わり、最終的に蛾ぐらいの大きさの欠損が生じた。典型的な緑内障の視野欠損の例です。蚊か蜂かはともかく、いま視野に点や糸くずのようなものが見えていませんか?視野が狭くなったと感じることはないですか?緑内障による視野障害は自覚するのが難しいという特徴を持っています。欠損であったとしても目にゴミが入っただけだ、とか視野が狭くなったのは歳のせいだ、片付けてしまいがちなのです。

現在の医学では緑内障の完治は不可能と言われています。まず、点眼薬、内服薬で進行を遅らせる、または安定させるという方法を採るしかないのが一般的です。投薬によっても効果がない場合手術ということになりますが、しつこいようですが手術すれば治るものではないのです。以上のことから初期段階での治療が有効、有利であることがお分かり頂けると思います。些細なことであっても視覚に異常が認められた場合は眼科医に相談しましょう。著者もその傾向にありますが意外に目に関しては無頓着です。メタボは気にしても眼の見え方に関しては疲れ目だ、と勝手に判断しせいぜいが目薬をさす程度。ちょっと眼を休めれば治るだろうなんて気楽に考えてしまいます。もし視野障害の初期症状だとしたら、徐々に進行していき気がついたときには取り返しのつかないことになっていたらどうしますか?

緑内障は失明の可能性だってあるのです。失明なんてありえない、自分とは無縁だなんて考えていませんか? 視野に異常を感じたらそれが原因で失明する可能性がある。けっして飛躍のしすぎではないのです。例外はありますが視野障害には痛みが伴わない分、重要視しないといえるのかもしれませんね。歯の場合は痛みが伴うのですぐに医者に診てもらうでしょう。それに比べて視野障害はほったらかしてしまうケースが多い。

虫がちらつくような見え方が発生したら迷わず眼科医に相談。今からでも遅くありません。該当する方は早めに行動に移しましょう。それが最良の選択です。

視野狭窄点眼薬の副作用、喘息に悩む人は注意すべし

視野狭窄、視野欠損の治療中で、なおかつ喘息を患っている方、もしくは喘息の既往歴のある方は注意事項があるのをご存じでしたか?

ほとんどの方が治療法として眼圧を下げるための点眼薬を処方されて使用していることでしょう。点眼薬の種類にもよるのですが、ベータブロッカーという成分の点眼薬があります。この点眼薬は喘息を患っている方は使用できません。

ベータブロッカーは点眼薬ではありますが内服薬と同じ副作用が確認されています。喘息を誘発する副作用があり、極端な場合死に至るケースも有り得ます。これは喘息の既往歴を持つ人も対象となっています。この副作用に関しては喘息だけではなく呼吸器系の疾病も視野に入れたほうがよさそうです。とにかく医師に相談し、適切な指示を受けることは必須です。くれぐれも自分だけで判断しないように。

少し前、あるメーカーがサプリメントの相性のサポートを開始して話題となりました。サプリメントによっても組み合わせで効果が出なくなったり、マイナス効果が現れることがあると聞いて驚いたことを覚えています。サプリメントですらそうなのですから、薬に関してはより慎重になるべきです。副作用というものを甘く見てはいけません。視覚障害の治療中に他の病気にかかった場合、それが単なる風邪の症状であったとしても、自己判断で市販の薬を使用せず医師に必ず相談しましょう。薬局で処方してもらう際に「お薬手帳」というものを発行してもらえますから、それを有効活用するのもひとつの方法です。

視野狭窄では飛行機に乗ることができない?キーワードは気圧

結論から先に申し上げます。問題はないと考えてまず間違いはないでしょう。

緑内障による視覚障害は眼圧の高さが影響している、飛行機の中は気圧が地上とは違う、だから悪影響を与えるのではないか。そんな考えから疑問に思ったり不安を感じるのだと思います。気圧については確かに高高度を飛行するので変化します。ですが旅客機であれば機内の気圧は一定に保たれているはずですので、影響はないでしょう。ですから心配はいりません。たとえ長時間であっても心配する必要はないというのが一般的な見方です。逆に眼圧は下がるという意見もあるぐらいです。

旅行が好き、または仕事でどうしても飛行機を利用しなければならなくなったという方たちもいらっしゃるでしょう。治療中だから心配する気持ちはよくわかります。だからといって行動範囲を狭める必要はないのです。むしろ積極的に行動することをおすすめします。遠方の観光地を訪れ、様々な風景を楽しむもよし、海外であれば異なる国の文化に触れてみる。どうですか、ワクワクしてきませんか。

少し脱線しますが旅先で、たとえばテーマパークにてジェットコースターなどの揺れや動きの激しい乗り物については問題ないのでしょうか?振動や速い動きで眼圧に悪影響を及ぼさないか?これについては可能性はあると思います。問題ない、悪影響を与える恐れがあると諸説あるようです。はっきりと言い切れませんが避けたほうが無難かもしれません。もっともジェットコースターなどは動きが激しすぎて気持ちが悪くなったりするケースの方が多いですから、視野障害云々よりもスリル系の乗り物が好きか嫌いかによって変わるものなのかもしれませんね。

いうまでもないことですが、飛行機を利用するときは医師に相談してください。止められることはないとは思いますが念のためです。

誰か教えて、これって緑内障予備軍ってことなの?

どんな症状が起きていますか?

眼のかすみ、視力の低下。この程度なら一時的な疲れ眼だと判断しがちですよね。「眼がかすんできた。休憩をとるか」「目薬をさせばいいや」「眼が悪くなってきたのかな。メガネつくろうか」そのように考えがちです。でもちょっと待ってください。それって緑内障の初期症状かも知れないんです。緑内障について簡単に説明すると、網膜内にある神経線維が何らかの原因で傷つき、視覚情報が正確に脳に伝わらなくなる症状です。やっかいなことに初期はほとんど自覚症状がないんです。気がつくとかなり症状が進行していることが多い。目の激痛、吐き気、頭痛、ここまでくればほとんどの人が眼科医に相談しに行くことでしょう。そこで初めて緑内障が進行していることが判明する。

緑内障については現在のところ完治させることはできません。治療により進行を遅らせるか、症状を安定させるかしかないのです。脅かすわけではありませんが最悪の場合失明も免れません。できる限り初期の段階から治療を進めていくのが理想的です。では具体的に緑内障も含めた視野障害の初期症状を見ていきましょう。

視野が狭くなったり、一部がかけて見えるようになったら要注意です。緑内障の最大の特徴の一つが視野狭窄なのです。

視野に黒い点や線がちらつくのも要注意。初期の視野欠損かもしれません。また網膜剥離の可能性もあります。

目が眩しく、痛みを伴うときは角膜、虹彩が炎症を起こしているのかもしれません。

充血も重要な視野障害のサインです。角膜炎の可能性があります。

寝不足になると目が腫れぼったくなりますが、これも炎症である可能性があります。

電灯など光るものを見ると虹がかかっているように見えるときは緑内障の可能性があります。

早い話が眼に異常を感じた場合は程度にかかわらず眼科医に相談することを推奨します。視力が落ちたらメガネを作ればいいやという考えに陥りがちですが、メガネは矯正器具です。補聴器などと同じものなのです。あまりにも普及しているためメガネをかけることに抵抗を感じる方は少ないと思いますが、視力低下は視覚障害の前兆と考え、まずは眼科医に相談することが得策です。

意外ですが生活習慣病予防も視野障害の予防対策になるということをこ存じでしょうか。食べ過ぎ、不規則な生活をこの機会に見直してみませんか。睡眠を十分取り、腹八分目を心がけ、ウォーキングなど軽い運動を継続する。それだけでも予防効果があるのです。どんな仕事についている方でも体が資本です。視覚障害も含めた健康維持を心がけていきましょう。

ビジネスマン必見!まだ間に合うブルーライト対策で視野障害予防

パソコン、スマホ、携帯電話、全て現代人の必須アイテム。ビジネスマンであれば使用したことがない人はいないでしょう。通勤電車の中でスマホや携帯、ノートパソコン、タブレット型端末の液晶画面に見入っている。最近ではそんな光景が当たり前になってきています。

液晶画面から発生するブルーライト。可視光線の中では強いエネルギーを持っていて網膜まで届いてしまうといわれています。そのため目がしょぼついたり、画面がぎらつくといった眼精疲労の原因となりうるのです。また脳への影響も懸念されています。就寝前の長時間のスマホ使用などにより体内時計が狂ってしまい、不眠などの症状を引き起こす場合があるのです。

ブルーライトは拡散しやすいという特徴をもっており、そのため網膜がピントを合わせづらくなる。そんな状態が長時間続くと眼に負担がかかります。紫外線を長時間浴びると肌に悪影響を与えるのと同じです。『目が疲れたら休憩をとったり、目薬をさせばいいじゃないか』 もちろん適度な休憩も有効ですし、疲れ目には目薬も効果があるでしょう。でも長い目で見ると将来何らかの視覚障害を引き起こす原因になりうるのです。網膜は視覚情報を脳へ送る重要な器官です。そこに負担がかかればどうなるかは専門家でなくても容易に想像がつきます。視覚障害といっても様々ですが中には自覚症状がほとんどなく気がついたときには症状がかなり進行している、という病気もあるのです。緑内障、加齢黄斑変性といった最悪の場合失明に至るケースもあります。もし、あなたにお子さんがいらっしゃるのならほとんどの場合携帯ゲーム機を買ってあげていることでしょう。あれだって液晶画面です。幼い頃からブルーライトの影響を受けていることになる。それだけに視覚障害を引き起こす可能性は大人よりも高くなると思いませんか。

ブルーライトをカットできるメガネがあります。PCメガネのことです。また液晶画面に貼るブルーライトカットフィルムも発売されています。パソコンやスマホの画面の明るさを調整するのも有効な方法という説もあります。スマホ用でブルーライト軽減のアプリもあります。はじめからブルーライトを軽減した液晶テレビやスマホの発売をしているメーカーもあります。今後このようなメーカーが増えそうですね。いちばん手軽で確実なのがやはりPCメガネの利用でしょう。度付きのものもありますし、老眼鏡も販売されています。ブルーライト対策はPCメガネがきっかけとなったといえるぐらいですから信頼性は大きいです。そういえばこの間PCメガネを景品にしたUFOキャッチャーを見ました。ちょっと信頼できない気もしますが、それだけ需要が高いということでしょうか。

今からでも遅くありません。ブルーライト対策をぜひオススメします。意外と軽視されがちですが視覚はとても大切な機能なのですから。