アントシアニンで疲れ目プラス緑内障を改善

アントシアニンって何?ベリー類が眼に良いとされる秘密とは!

アントシアニンという成分とは何か

ブルーベリーカシスなど、ベリー類が目に良いとされるのは、ベリー類に多く含まれるアントシアニンという成分の働きによります。このアントシアニンというのは、色素の本体アグリコンであるアントシアニジンが糖・糖鎖と結合したものであり、アントシアンの本体となる配糖体です。このアントシアンというのはアントシアニジンとアントシアンもひっくるめた色素全体の総称として使われる名前です。

ちょっと複雑で分かりにくいですが、どれも同じ成分だと思っていただき、一般的成分としてアントシアニンで説明しましょう。アントシアニンはポリフェノールの一種であり、抗酸化作用があります。血液をサラサラにして血行を良くしてくれる働きから、生活習慣病の予防に効果的だとされています。そしてこの血行を良くする働きによって、血流の悪さが要因のひとつである緑内障にも効果があるとされています。

疲れ目・視力低下に効果的なアントシアニン

またアントシアニンは、眼の網膜にあるロドプシンという物質の働きを活発にすることで、眼の疲れによって損傷される細胞や神経を守り、正常に保ちます。そのため視機能改善作用があるとされ、視力低下を予防します。この効果によっても、緑内障の症状を抑制する働きがあるといえるでしょう。

アントシアニンはその他にも抗酸化作用によって筋疲労の抑制、過酸化脂質の抑制、がん予防など、様々効果を身体にもたらしてくれます。特に眼精疲労には効果を発揮するため、眼に良いとされるわけです。緑内障の方に限らず、普段からパソコンなどで眼を酷使している方などには是非補っていただきたい栄養素なのです。

ベリー類に多く含まれていますから、ジュースやジャム、リキュールといったものなどから摂取することは出来ますが、それでは十分な量を摂るのが難しいため、サプリメントの形で毎日摂っていただくのが理想です。他の成分と組み合わせたサプリなどもありますから、自分の身体に合ったものを見つけて試してみてはいかがでしょうか