ブルーライト対策で視覚障害を予防

ビジネスマン必見!まだ間に合うブルーライト対策で視野障害予防

パソコン、スマホ、携帯電話、全て現代人の必須アイテム。ビジネスマンであれば使用したことがない人はいないでしょう。通勤電車の中でスマホや携帯、ノートパソコン、タブレット型端末の液晶画面に見入っている。最近ではそんな光景が当たり前になってきています。

液晶画面から発生するブルーライト。可視光線の中では強いエネルギーを持っていて網膜まで届いてしまうといわれています。そのため目がしょぼついたり、画面がぎらつくといった眼精疲労の原因となりうるのです。また脳への影響も懸念されています。就寝前の長時間のスマホ使用などにより体内時計が狂ってしまい、不眠などの症状を引き起こす場合があるのです。

ブルーライトは拡散しやすいという特徴をもっており、そのため網膜がピントを合わせづらくなる。そんな状態が長時間続くと眼に負担がかかります。紫外線を長時間浴びると肌に悪影響を与えるのと同じです。『目が疲れたら休憩をとったり、目薬をさせばいいじゃないか』 もちろん適度な休憩も有効ですし、疲れ目には目薬も効果があるでしょう。でも長い目で見ると将来何らかの視覚障害を引き起こす原因になりうるのです。網膜は視覚情報を脳へ送る重要な器官です。そこに負担がかかればどうなるかは専門家でなくても容易に想像がつきます。視覚障害といっても様々ですが中には自覚症状がほとんどなく気がついたときには症状がかなり進行している、という病気もあるのです。緑内障、加齢黄斑変性といった最悪の場合失明に至るケースもあります。もし、あなたにお子さんがいらっしゃるのならほとんどの場合携帯ゲーム機を買ってあげていることでしょう。あれだって液晶画面です。幼い頃からブルーライトの影響を受けていることになる。それだけに視覚障害を引き起こす可能性は大人よりも高くなると思いませんか。

ブルーライトをカットできるメガネがあります。PCメガネのことです。また液晶画面に貼るブルーライトカットフィルムも発売されています。パソコンやスマホの画面の明るさを調整するのも有効な方法という説もあります。スマホ用でブルーライト軽減のアプリもあります。はじめからブルーライトを軽減した液晶テレビやスマホの発売をしているメーカーもあります。今後このようなメーカーが増えそうですね。いちばん手軽で確実なのがやはりPCメガネの利用でしょう。度付きのものもありますし、老眼鏡も販売されています。ブルーライト対策はPCメガネがきっかけとなったといえるぐらいですから信頼性は大きいです。そういえばこの間PCメガネを景品にしたUFOキャッチャーを見ました。ちょっと信頼できない気もしますが、それだけ需要が高いということでしょうか。

今からでも遅くありません。ブルーライト対策をぜひオススメします。意外と軽視されがちですが視覚はとても大切な機能なのですから。