ブスコバンの副作用による視野狭窄悪化の恐れ

犬猿の仲。視野狭窄治療薬とブスコバン(胃・十二指腸潰瘍の治療薬)

ブスコパンという薬をご存知ですか?主に胃の痛みや十二指腸潰瘍などの治療で処方される薬だそうです。ご存知のように薬には副作用があります。ブスコバンも例外ではありません。この薬の副作用が視野狭窄に、つまり緑内障に大きな影響を与えることがあるのです。

緑内障にも原因によって様々な種類があります。その中に閉塞遇角緑内障というものがあります。遇角という器官が原因で眼圧が上がってしまう症状です。この場合ブスコパンの服用は禁止されています。副作用で眼圧をさらに上げてしまう可能性が高いからなのです。

現在、閉塞遇角緑内障治療中であれば問題ありません。胃の痛みが起きてもブスコパンを処方されることはないのですから。むしろ怖いのは緑内障の自覚がない場合です。閉塞遇角緑内障が進行中であるにもかかわらず本人はそのことに気づいておらず、胃などの痛みで医者にかかりブスコパンを処方され、服用した場合です。副作用で眼圧が上がり緑内障が急激に悪化する。緑内障への影響がある副作用を持つ薬を処方する場合、医師がどのような方法をとっているのかはわかりません。問診で済ませてしまうのかもしれませんし、検査をするのかもしれない。参考までに著者がある薬を処方されたとき、あらかじめ血液検査を行いました。このことから深刻な副作用が発生する薬の場合は検査をすることが予想されますが、確認したわけではなく正確なところは不明です。

本当に緑内障は厄介な病気です。自覚症状がないまま何年もかけて少しづつ進行し、異常に気が付いたときにはかなり症状が進んでしまっている。やはり少しでも眼に異常を感じたらどんな些細なことであっても眼科医に相談するのが得策のようです。