緑内障とはどんな病気なのかを知ること

よく耳にはするけれど・・緑内障ってどんな病気!?

緑内障とはどんな病気なのか

皆様は緑内障という病気を御存じでしょうか。高齢の方では、周りで聞かれることの多い病名だと思います。実際、40歳を超えると羅漢率はぐんと増えるといわれています。この緑内障というのは、眼圧が正常値より高くなることで視神経が圧迫され、損傷することによって起こります。

文字通り目の中の圧力である眼圧というのは、房水という目の中を循環する液体によって正常値に保たれていますが、何らかの原因でこの循環が滞ると、目の形状を保っている眼圧が高くなってしまい、その障害によって視神経乳頭が変形してしまうのです。

すると視野が狭くなったり、見えない場所が出来るなどの視野欠損、また視力の低下がみられるようになります。こうした視野の欠損は回復が困難なので、ひどくなると失明に至ってしまう病気なのです。ですから、日本人の失明原因の第1位となっています。

自覚の無い緑内障の早期発見は定期健診で

緑内障はゆっくり進行し、また自覚症状が少ないことから、軽いうちに見つけることが難しいため、定期健診を受けることが大切です。早期発見・早期治療が唯一進行を止める手立てですから、ある程度の年齢に達したら、是非眼科検診を受けることをおすすめします。

はっきりした原因は分からないものの、もともと強度の近視の人や、冷え症・低血圧などの血行の良くない人がかかりやすいといわれる病気です。体質的に当てはまる人はさらに注意し、眼圧検査などを定期的に受けましょう。眼圧が高くなって起きた場合は、下げることによって進行を止めることが出来るのです。

よく聞く病気ではありますが、失明に至る怖い病気でもあるのが緑内障です。普段から効果的とされる栄養素を補ったり、目に疲れを溜めないよう気を付けながら、しっかり検診を受けるようにしましょう。
(⇒緑内障にサプリメントが効果的な理由