緑内障の強い味方であるルテインの効果とは

緑内障といえばルテイン?抗酸化作用で目を守るサプリメントです!

失明の危険もある緑内障は、見えなくなった部分を回復することは困難なため、進行を止めることが大切です。病院での治療はもちろんですが、日々の生活習慣によっても改善は可能です。緑内障に効果のある栄養素を十分に摂ることで、目の健康を保ち、緑内障の症状を軽減しましょう。
(⇒緑内障にサプリメントが効果的な理由

緑内障に効果的な栄養素であるルテインとは

緑内障に効果的とされる栄養素のうち、最も有名なのがルテインという栄養素です。カロテノイドという色素の一種であるルテインは、網膜・水晶体・子宮頚部・乳房などに存在し、加齢とともに減少していきます。体内では生成されない成分なので、体外から摂取することが必要なのです。

もともとは黄斑変性症など、目の健康維持に欠かせないとされてきたルテインですが、それは抗酸化作用が強いという特徴のためです。紫外線や疲れによって目がダメージを受けると、活性酸素が発生します。すると、目の毛細血管や動脈を酸化してしまいます。ルテインは黄斑部や水晶体に集中し、この活性酸素から守ってくれるのです。

ルテインを含む食品と補いたいサプリメント

活性酸素を抑制し、排除し無害化するのに効果的なルテインは、野菜・果物・海草に多く含まれています。特にケールやほうれん草などにはたっぷり含まれており、積極的に食事で補うことが必要です。しかし、必要量のルテインを全て食事から摂るのは大変なことですね。そこで役に立つのがサプリメントです。

ルテインのサプリメントには、体内と同じルテインであるフリ―体ルテインがあり、体内にそのまま吸収されます。そしてもうひとつ、ルテインエステルというものもあり、こちらはフリ―体ルテインに脂肪酸を加えたものです。マリーゴールドから抽出した未精製のものなので比較的安価です。体内で脂肪酸は取り除かれますから、こちらも体内に吸収されます。

目の健康に効果的なルテインをサプリメントで十分に補うことで、緑内障の症状軽減を期待してみませんか。