緑内障予備軍に特徴的な症状

誰か教えて、これって緑内障予備軍ってことなの?

どんな症状が起きていますか?

眼のかすみ、視力の低下。この程度なら一時的な疲れ眼だと判断しがちですよね。「眼がかすんできた。休憩をとるか」「目薬をさせばいいや」「眼が悪くなってきたのかな。メガネつくろうか」そのように考えがちです。でもちょっと待ってください。それって緑内障の初期症状かも知れないんです。緑内障について簡単に説明すると、網膜内にある神経線維が何らかの原因で傷つき、視覚情報が正確に脳に伝わらなくなる症状です。やっかいなことに初期はほとんど自覚症状がないんです。気がつくとかなり症状が進行していることが多い。目の激痛、吐き気、頭痛、ここまでくればほとんどの人が眼科医に相談しに行くことでしょう。そこで初めて緑内障が進行していることが判明する。

緑内障については現在のところ完治させることはできません。治療により進行を遅らせるか、症状を安定させるかしかないのです。脅かすわけではありませんが最悪の場合失明も免れません。できる限り初期の段階から治療を進めていくのが理想的です。では具体的に緑内障も含めた視野障害の初期症状を見ていきましょう。

視野が狭くなったり、一部がかけて見えるようになったら要注意です。緑内障の最大の特徴の一つが視野狭窄なのです。

視野に黒い点や線がちらつくのも要注意。初期の視野欠損かもしれません。また網膜剥離の可能性もあります。

目が眩しく、痛みを伴うときは角膜、虹彩が炎症を起こしているのかもしれません。

充血も重要な視野障害のサインです。角膜炎の可能性があります。

寝不足になると目が腫れぼったくなりますが、これも炎症である可能性があります。

電灯など光るものを見ると虹がかかっているように見えるときは緑内障の可能性があります。

早い話が眼に異常を感じた場合は程度にかかわらず眼科医に相談することを推奨します。視力が落ちたらメガネを作ればいいやという考えに陥りがちですが、メガネは矯正器具です。補聴器などと同じものなのです。あまりにも普及しているためメガネをかけることに抵抗を感じる方は少ないと思いますが、視力低下は視覚障害の前兆と考え、まずは眼科医に相談することが得策です。

意外ですが生活習慣病予防も視野障害の予防対策になるということをこ存じでしょうか。食べ過ぎ、不規則な生活をこの機会に見直してみませんか。睡眠を十分取り、腹八分目を心がけ、ウォーキングなど軽い運動を継続する。それだけでも予防効果があるのです。どんな仕事についている方でも体が資本です。視覚障害も含めた健康維持を心がけていきましょう。