ビタミンCの力が緑内障にまで効果的な理由

万能選手のビタミンCは緑内障にも効果抜群!サプリメントで十分に

緑内障にも効果があるビタミンCの力

ビタミンCが健康と美容に素晴らしい効果を発揮するのはよくご存じだと思いますが、実は緑内障にも効果があるのです。ビタミンCといえば、免疫力アップや粘膜を丈夫にする働きによって風邪をひきにくくしたり、保湿効果やコラーゲン生成をする働きによって肌を美しくしたりと、健康と美容の両面での効果が知られていますね。

しかしこうした効果は、同時に緑内障を防ぐ働きにもなるのです。まず、ビタミンCが持つ抗酸化作用によって活性酸素を抑制し、紫外線や疲れ目、加齢などから受ける眼へのダメージを防いでくれます。またこの働きによって、視神経の細胞が死滅するアポトーシスも抑制してくれるため、アポトーシスが要因となっている緑内障を予防してくれるのです。

またビタミンCは、美容に良いとされるコラーゲンを生成しますが、このコラーゲンというのは眼にも大切なものであり、眼球内のコラーゲンや組織が異常をきたすと、房水を流出出来なくなってしまい、眼圧が上がることで緑内障を引き起こします。

ですから、ビタミンCによってコラーゲンの代謝を正常化することで房水の流れを良くし、眼圧を下げることが出来るのです。つまり緑内障の予防となるわけですね。さらに眼球にはビタミンC が高濃度に含まれていますから、緑内障だけでなく、その他の眼病にも効果が期待出来るでしょう。

緑内障の防止に期待出来るビタミンCはサプリメントで

他にも、ビタミンCには毛細血管を丈夫にする働きや疲労回復効果もありますから、眼の血行を良くすることで視神経に酸素と栄養を十分に行き届かせることが出来ますし、細胞や視神経を活発化してくれます。これらの働きによっても緑内障への効果があるでしょう。

ビタミンCを含む食品は、いちご・キウイ・みかん・小松菜・かぼちゃ・キャベツ・大根などです。野菜や果物に多く含まれるビタミンCですが、現代の食生活ではなかなか充分に補えない場合もありますね。そんな時はサプリメントで意識的に摂るようにしましょう。ビタミンCは人気があるので、様々な形状のサプリメントがあり、自分に合ったものを選べるでしょう。